治療方法

医師

脊柱管狭窄症という言葉をご存知でしょうか。背骨と背骨の間にある脊髄や神経が通る穴の事を脊柱管と呼びます。背骨や関節等の変形により脊柱管が狭くなると、その中を通る神経や脊髄を圧迫してしまう事があります。これを脊柱管狭窄症と呼びます。腰部に発症するものがほとんどで、下肢の痺れや麻痺等が起こります。また、間欠性跛行と呼ばれる歩行障害が特徴的です。これは、連続歩行を行うと徐々に足の痺れや痛みが酷くなり歩けなくなってしまう症状の事です。しかし腰を曲げたり、休憩を取る事で痺れや痛みが楽になり再び歩ける様になります。 一般的には保存療法が選択されますが、症状が重度の場合は手術療法が選択されます。近年、脊柱管狭窄症の手術は低侵襲で行う方法が開発されてきました。

今までは圧迫している骨を広範囲に削ったり切除したりする方法が一般的でした。しかし最近では、出来るだけ骨を削る範囲を最小限に留める方法が開発されてきました。また、治療方法も開腹術で対応していましたが、内視鏡でも対応出来る様になってきています。 保存療法では、神経の血流を改善する薬を投与する事が多く行われています。近年、新たな疼痛治療薬の開発が盛んに行われています。この様な現状は、脊柱管狭窄症の治療成績に大きな期待が持てるでしょう。 これらの治療は整形外科の病院で対応しています。しかし、脊椎の治療は専門的な知識が必要となる場合が多くあります。その為、治療を行う病院での脊柱管狭窄症の治療実績を調べておく事が必要です。特に手術件数等を比較する事が重要となります。