暮らしを快適にする

錠剤

脊柱管狭窄症とは、背骨(とくに腰の部分の腰椎)の内部の管状の空間が狭くなり、そこを通る脊髄の神経と血管が圧迫される病気です。脊柱管狭窄症の原因の多くは、加齢による腰椎の変形や、腰椎の間の椎間板の変形ですが、先天的に腰椎などが変形していたり、後天的に外傷で変形したことが原因の場合もあります。脊柱管狭窄症の症状としては、足腰の痛みやしびれが中心ですが、典型的な症状に間欠性跛行があります。短時間の歩行は可能ですが、長時間や長距離歩くと足が痛んだりしびれたりして、しばらく休みとまた歩けるようになるという症状です。重症になると、五分も歩けなくなり、そうなると運動量が減るので、筋力が低下し、血行不良になり、ますます症状が悪化してしまいます。

脊柱管狭窄症では、脊髄を圧迫する姿勢をとると、痛みがひどくなり、症状が悪化します。負担となる姿勢は、まっすぐ直立したり歩いたり、背中を後ろに反らしたり、腰をひねったりする姿勢です。逆に、圧迫が緩和されるのは、前かがみの姿勢です。そのため、杖をついたり、手押し車を押して、前かがみの姿勢を保つと楽になります。就寝時も、あおむけで膝を曲げ、膝の下に座布団などを入れると楽になります。また、歩行は負担になりますが、運動不足も良くないので、自転車で移動したり、同じ姿勢を長時間続けないなどの工夫をすると、悪化を防いだり再発を予防することができます。また、治療が遅れると治療が困難になりますので、早めに診断を受けることも必要です。