サプリメントを持つ女性

身体の根幹

診察する医師

痛みやしびれなどが起こる脊柱管狭窄症でお悩みの方はコチラへどうぞ!治療法や日常で出来るケア方法などもご覧になれます。

脊柱管狭窄症とは、背骨が連なって形成されるトンネル状の管(脊柱管)の空間部分が狭くなり、その中を通る脊髄が圧迫される病気です。脊髄とは、脳とともに中枢神経をなす重要な神経で、末梢からの痛い・熱いといった感覚を脳に伝達し、脳からの運動の指令を末梢に伝達する役割を果たしています。その脊髄が圧迫されると、足腰の痛みやしびれといった症状が現れます。脊柱管が狭くなる脊柱管狭窄症の原因は、ほとんどが加齢です。加齢によって腰の部分の背骨(腰椎)が変形したり、腰椎と腰椎の間の椎間板が脊柱管にはみ出す椎間板ヘルニアによって、脊髄の神経と血管が圧迫されるのです。今、日本は急速に高齢化が進んでいるため、今後脊柱管狭窄症の患者はますます増加すると予測されます。

脊柱管狭窄症の治療方法には、手術もありますが、手術を行わない保存療法もあります。具体的には、鎮痛剤や血行促進剤を投与したり、コルセットを着用したり、湿布を貼ったりする治療です。足腰の筋力をつけるリハビリも含まれます。痛みが激しい場合には、狭窄が起こっている部分に局所麻酔(神経ブロック注射)を行い、鎮痛と血管拡張などを図ります。日常生活においても、姿勢に気をつけるとか、重いものを持ち上げないとか、運動を行うという注意が必要です。これらの方法で症状が改善されない場合に、手術が行われます。狭窄の起こっている部分の骨や靭帯などを削って、脊柱管を広げ、脊髄の圧迫を取り除く手術です。手術は、高齢でも可能で、内視鏡下の手術では数日で退院できます。

暮らしを快適にする

錠剤

脊柱管狭窄症とは、多くは加齢によって背骨や椎間板が変形し、脊柱管が狭くなり、脊髄が圧迫される病気です。脊髄が圧迫されないように、日常生活では、背中をそらしたり歩いたりという動きに気をつけ、前かがみの姿勢をとると悪化を防ぐことができます。

Read more

改善のための手引

数種類の錠剤

脊柱管狭窄症は、背骨が変形し、内部の空間(脊柱管)が狭くなり、下半身の痛みやしびれを起こす病気です。原因の多くは加齢で、腰に負担のかかる姿勢や動きを避ける必要があります。最終的には手術が必要です。内視鏡下の手術は、負担が少なくて済みます。

Read more

治療方法

医師

脊柱管狭窄症は背骨と背骨の間にある脊柱管が狭くなることで圧迫させて身体に様々な症状を発生させてしまいます。現在は内視鏡で対応して最小限に骨を削るなどの治療を行なっています。

Read more

注目の記事

オススメリンク